teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:18/884 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

令和元年10月27日定期練習会へ参加しました。

 投稿者:松原市ガイドさかい  投稿日:2019年10月31日(木)20時57分57秒
  通報 返信・引用
  最近やっと朝夕が秋の季節を感じる大阪長居です。今日の長居は朝から曇り模様。しかし雨の心配はないようです。定期練習会はエイドがあります。先ずはエイドの設営。いつものメンバーで手分けをして荷物を練習会場へ移動。そしてエイド設置。私はいったん長居スポーツセンターへ戻り、少し早いですが今日の練習会参加者へセンターロビーから練習会場への移動をお願いして、あとは春〇さんの荷物を会場へ移動して今日のエイドは設営完了です。なにより雨の心配がないのが嬉しいです。そして私が春〇さんの荷物を持ってエイドに到着した時にはすでに朝のミーティングはペア発表が始まっていました。私のペアは長〇さんです。
長〇さんと私は同じ歳です。長〇さんは自身の仕事の事やお嬢さんの事、そしてトライアスロンの事など盛りだくさんの話をしてくれました。そして3周目の時です私たちをいいペースで抜いて行った藤〇さんとマスターペアの後ろに張り付きエイドまで残り8百メートル付近からペースを上げそのままエイドまで一気にスパート。さっきまで今年でおれも還暦やしレースも練習ものんびりやるわと話しておいて、やっぱり闘争心旺盛な長〇さんでした。
エイドに戻るとわーわーずの取材に来ている、テレビ大阪の美人アナウンサーがちょうど、と〇さんにインタビューをしていました。その番組は11月19日の夕方に放送されるようです。どんな放送なのか今から楽しみです。
そしてエイドを見渡すとなんかガイドがあふれていました、昨日の参加表明ではガイド不足でしたがガイドのドタ参でブラインドの練習待ちは無しなのが何より良かった。私は中〇さんからわーわーずの備品のアイマスクを借りました、一度長居外周路をアイマスクをして走ってみたいと思っていました。今まで伴走教室でアイマスクを付けてランニング教室周辺の広場を伴走者と軽いランニングをしたことはありますが、今ブラインドの皆さまが走っているような状況で走ったことがありません。私はアイマスクをして走るので誰か伴走をしてほしいとエイド周辺のガイドの皆さまにお願しました。私の申し入れに直ぐ川〇さんが伴走を引き受けてくれました。
二人で走り始めてまず私が感じたのは凄く怖い。足が前に出ない。腰が引ける。周囲の音が今までの何倍もに聞こえる。こんな状況でブラインドの皆さまは良く平気で走れるな。川〇さんは私を信用して走ってください。と言ってくれました。信用はしていますが、私の体がなかなか前に進んでくれない。私はすり足気味で走るのでスーパーライフ前の坂の手前の微妙な段差がある所だと思いますが、ちょっと足がつっかかったようになりました。普段走っている時は、微妙な段差があるのは知っていましたが、まったく違う段差に感じました。エイドまで1キロ少し手前のグレーティングの段差も普段の2倍3倍に感じました。私は川〇さんに私が今感じていることを実況のように伝えながら走りました。そんな川〇さんは凄く丁寧に私に路面の状況、今どのあたりを走っているか、そして今のキロタイムなどを私に伝えてくれました。私のほうが伴走歴は長いのに川〇さんのほうが私より伴走が上手だと思いました。そして何より私はあまり今まで気にならなかったことですが、今日は凄く恐怖を感じたことがありました。それは対向してきた人や自転車などの風圧が怖かったです。ガイドの川〇さんも対抗が向かって来るのを教えてくれていますが、予想外に対抗者と近くに感じそしていきなり「わっ」とくる感じでした。そんなこんなで何とか1周。長かった。ブラインドの皆さまに頭が下がります。そして事故を起こさないような伴走をこれからは一層心がけて行きます。伴走をしてくれた川〇さんありがとうございました。勉強になりました。
その後私はさけもっちゃんと一緒に走りました。さけもっちゃんに私がアイマスクをして川〇さんが伴走をしてくれた事、その感想などを話しました。さけもっちゃんは興味深そうに私の感想を聞いてくれました。1本の伴走ロープがブラインドとガイドの間を言葉と共にそれぞれの個性が行き来するのかなと私は感じました。さけもっちゃんはこの週で9週目。さけもっちゃんはすこしガス欠やといって二人で歩きながらいろいろな話をしていました。ちょうど話題はナイキの噂のピンクシュージの時、私たちに話しかけてくれたランナーがいました。そのランナーさんは自分のはいていた噂のピンクシューズを私たちにこれそうですよと言って触らせてくれました。さけもっちゃんと二人で手に取り「わっ軽」本当に軽い。走っている印象は靴底にバネが付いているようだともそのランナーさんは言っていました。ただし走行補償距離は6百キロだそうです。月2百キロ走る人は3カ月かぁ。
長々の報告になりました。今日の画像はと〇さんのインタビューの様子と賑わっているエイドの様子です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:18/884 《前のページ | 次のページ》
/884