teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


金本今度は、肩ですか・・・

 投稿者:ドーハキャスター93  投稿日:2010年 3月30日(火)21時30分30秒
  金本知憲外野手(41)が右肩痛を抱えていることが29日、分かった。打撃にも影響を及ぼし、横浜との開幕3連戦は11打数1安打だったが、30日の広島戦(マツダ)もスタメン予定。右肩痛は過去もシーズン中に出ていた古傷。これまで数々の逆境を乗り越えてきた鉄人が、不屈の闘志で跳ね返す。

 開幕早々に、虎の主砲に試練が訪れた。開幕カードで見せた、金本らしからぬバランスの崩れたスイングと、右肩をおさえるような仕草。明らかな鉄人の異変について、要因のひとつが、明らかになった。

 30日からの広島3連戦戦へ向けて新大阪駅から移動した山脇守備走塁コーチが「右肩がおかしい? いつものやつだから。シーズン中も、よく出る。でも(試合に)出ないと仕方ないからな」と明かした。

 2006年も開幕前に違和感が出るなど、過去のシーズン中も右肩の状態は決して良くはなかった。いわば今まで乗り越えてきた持病だ。今年は特に芳しくないことは、開幕からの3試合を見ても明らかだ。

 11打数1安打。26日の開幕戦で、一塁手の頭上をゴロで越える右前打を放って以来、11打席安打がない。27日には右犠飛を放ったが、前日28日は4タコ。明らかに、スイングが乱れていた。

 チーム関係者は「足の方は大丈夫だけれど、肩の方はだいぶ悪いみたい」と証言した。オープン戦段階から痛みが出ていたという。過去2年は左ひざの手術を受け、ぶっつけ開幕。今年は、3年ぶりにキャンプを完走し、オープン戦も6試合に出場。近年にない充実した下半身を作り上げて開幕を迎えたが、その裏で上半身に不安が生じていた。

 世界記録更新中の連続フルイニング出場は1477試合。節目の1500試合まであと23試合に迫った。4番での連続先発出場も865試合で日本記録を更新中だ。主砲として打線をけん引してきた鉄人だが、来月3日には42歳を迎える。球団内にはフルイニング出場継続よりも、体調管理を優先させるべき…という声も存在する。城島が加わり、下位打線も強力。真弓監督が“決断”しなければならない日がくるのか。孤軍奮闘してきた昨季までとは状況が違う。

 だが、これまで何度も誰もが乗り越えられないと思った試練をクリアしてきたのが、金本だ。04年には死球で左手を骨折しながら、右手1本で安打。06年には腫れ上がった右手薬指の突き指も跳ね返した。頭部死球に、2度の左ひざ手術…。数え切れないほどの危機を克服してきた。

 和田打撃コーチは「(原因は)体調だけじゃない。色々なものがあるから『コレ』ということじゃない。今はまだ軌道に乗れていない状態。心配は心配だけど、まだ3試合。騒ぐことじゃないよ」と百戦錬磨の主砲に、期待を寄せた。

 30日からは、故郷の広島で3連戦。夕方、金本は険しい表情で新井とともに新幹線で広島に入った。城島が加わった新打線だが、やはりアニキが打ってこそ。虎の本当の春は、4番の快音がなければ、始まらない。
 
 

1軍キャンプ抜擢 藤川俊

 投稿者:ドーハキャスター93  投稿日:2010年 1月28日(木)22時14分14秒
  1軍キャンプへの緊急招集が決まった阪神のドラフト5位・藤川俊介外野手(22)=近大=が27日、鳴尾浜で休日返上の自主トレを行い、金本らチームの先輩に私生活面で弟子入りする考えを明かした。

 広陵高から近大とアマチュア球界では名門と呼ばれる道を歩んできた藤川俊。「球場の外でも尊敬されるような人間になりたい。これでいいやとかじゃなくて、後輩のお手本になれるようになりたい」と願望を口にした。高校時代から身だしなみや生活態度、オフの過ごし方を厳しく指導されてきた。プロに入っても「私生活で一番大事にされている部分を教わりたい」という。

 チームにはフルイニング出場を続ける金本ら、グラウンド外でも見習うべき選手はたくさんいる。野球だけでなく体のケア、休日の過ごし方など参考になるものはどんどん吸収していくつもりだ。

 また本業でもプロの直球に対応するため、大学1年から使い続けてきたバットのバランスを変更した。この日は新人合同自主トレは休日だったが、午前中からみっちりマシン打撃を行うなど準備に余念がない。藤川俊は野球でも私生活でも一流のプロを目指す。
 

甲斐自主トレ公開

 投稿者:津名シュート  投稿日:2010年 1月 5日(火)21時28分20秒
  ドラフト3位で入団した阪神の甲斐雄平外野手(21)=福岡大=が4日、母校の福岡大サブグラウンドで自主トレを公開し、ポスト赤星に名乗りを上げた。昨年までのレギュラーだった赤星が引退し、ポジションは現在、空席状態。まずは自慢の強肩を1月中旬の新人合同自主トレからアピールし、1軍キャンプへの切符をつかみ取る。

  ◇  ◇

 新庄2世と評された高い身体能力を持つ大型外野手が、その呼び名にたがわぬ動きを見せた。豪快に上から下へたたきつけるスローイングフォーム、ストライドが広くバネの利いた走り方。甲斐の動きは、大きな可能性を感じさせるものだった。

 午後1時から友人と2人で始めた自主トレ。ランニング、ダッシュに続いて行った20メートルのシャトルランでは、身長185センチの大きな体に似つかない俊敏な動きを見せた。さらにキャッチボールでは「久々だったので、リキんでしまった」というものの、今年の初投げで約70メートルまで距離を伸ばし、回転のきれいなボールを投げた。

 大学時代、中前打では二塁から誰も本塁を狙わなかったという強肩は、現時点でまだ調整段階だが「合同自主トレまでにはしっかり投げられるように仕上げたい」。1月中旬から始まる新人合同自主トレで自慢の強肩をアピールできるように、低く強いボールを投げながら調整していくつもりだ。すでに和田打撃コーチが仕上がり次第で1軍キャンプ抜てきの可能性を示唆しており「合同自主トレが本当のスタート。(他の選手に)後れを取ったらダメだと思うので、やれることをやって臨みたい」と意気込んだ。

 入団会見2日後の12月9日に、不動の中堅手だった赤星が電撃引退を表明した。「同じ外野手として学べるところもたくさんあったと思うんですけど…」と複雑な心境を吐露した甲斐。センターラインの要を失ったが、阪神は9年前にも今年と同じような危機的状況を乗り越えていた。00年まで不動のレギュラーだった新庄がFAでメジャー挑戦を表明し退団。翌年、その穴を見事に埋めたのが、当時ドラフト4位で入団したルーキーの赤星だった。

 大学時代から見守っていた永尾スカウトが「守備ならすぐにでも1軍で通用する」と絶賛した高い素質が開花すれば、赤星の抜けた穴を埋める可能性は十分にある。「今は精いっぱい努力して、そうなれるように頑張りたい」と前を見据える大型外野手が、ポスト赤星の座を目指す。
 

藤川俊介、球団新人盗塁記録の更新に意欲

 投稿者:津名シュート  投稿日:2009年12月31日(木)16時18分43秒
  右の赤星が“本家”の大記録に挑む。ドラフト5位の藤川俊介外野手(22=近大)が29日、広島市内のホテルで行われた母校の「広陵高校野球部有志の会」に出席。50メートル5秒96の俊足を誇るルーキーは、今季限りで引退した赤星氏が入団初年度にマークした39盗塁の球団新人記録更新へ意欲を見せた。

 「一つの目標にしていきたいです。1年目からしっかりアピールしていきたい」

 絶対的なリードオフマンが抜け、来季はその機動力を全員で埋めていかなければならない。そんな中、即戦力ルーキーとして期待がかかるのが藤川俊だ。14日の入団会見では真弓監督も世界の盗塁王を引き合いに出して背番号「7」の後継者に期待を寄せた。「昔の福本さんを思い出させるような選手になってくれると思う」

 現在は福岡県の実家近くで走り込みやウエートトレーニングを行っている。心労でドラフト後に5キロ減った体重も今は2キロ減の70キロまで戻った。「しっかり元の体重に戻してキャンプに臨みたい」。偉大な先輩の背中を追いながら開幕1軍を目指していく。
 

金本来季のラッキーカラーは、オレンジ

 投稿者:津名シュート  投稿日:2009年12月18日(金)20時43分8秒
  雪辱を期す2010年。金本は宿敵のチームカラーを身にまとい、グラウンドに立つ。

 金本は風水で導かれたラッキーカラーを戦闘アイテムに採用し、シーズンを全うしてきた。06年山吹色、07年桜色、08年空色、09年金色。そして来季は…。

 「蛍光オレンジらしい」。告げられた瞬間、思わず苦笑した。言わずと知れた巨人の伝統色。チームとともに自らも復活を期す来季、金本は身の回りをオレンジで固め、幸運を呼び込む。

 打撃用の革手袋やリストバンド、ひじ当て、練習用バット、グラウンド用バッグ…手帳やファイテン社製のチタンネックレスも蛍光オレンジに変わる。11月初旬に金本から発注を受けたメーカー各社は、この日までに用具の製作をほぼ完了。金本はオーダー過程で「あまりにジャイアンツの色に似せるのもな…」と阪神ファンの心理を察し、配色に独自のアレンジも加えた。

 05年以来、チームは歓喜から遠ざかっている。立ちはだかるのはリーグ3連覇で黄金時代を築くGの壁。今季は史上初の巨人戦5カード連続勝ち越しで戦績を五分に持ち込んだが、チームは3年連続のCS進出を逃した。巨人の完全優勝を阻んで“意地を見せた”などと胸を張る金本ではない。

 04年以来5年ぶりのBクラス転落は、暗黒時代の入り口にもなりうる。赤星の電撃引退にジェフ、アッチソンの退団…。城島の獲得はプラス材料ではあっても、依然、マイナス要素のほうがはるかに大きい。金本は危機感を絶やさない。

 鍵を握るのは来季も変わらず金本だ。前回優勝した05年、金本は対巨人で圧倒的な打率・396を残した。優勝から遠ざかる4シーズン、金本の巨人戦打率は3割超えを果たせていない。キーマンになるべく、今オフも広島や甲子園でトレーニングを積んでいる。既に上半身の筋力数値は自己最高ペース。左ひざ手術で出遅れた過去2年とは比べものにならない仕上がりが、主砲の再浮上を予感させる。

 「ジャイアンツより輝くオレンジだよ」。金本はラッキーカラーをそう説明する。「巨人の色」ではない。来季、オレンジは巨人より輝く金本の象徴になる。
 

ケーシー・フォッサム

 投稿者:ドーハキャスター93  投稿日:2009年12月15日(火)15時58分6秒
  阪神は14日、来季新外国人選手としてケーシー・フォッサム投手(31)=前米大カブス=の獲得を発表した。1年契約で年俸60万ドル(約5300万円)。  退団したウィリアムスに代わる中継ぎ左腕としてだけでなく、先発もこなせる新助っ人。沼沢球団本部長は「先発も中継ぎもできるので、あとは現場に任せたい。剛球タイプでなく変化球の出し入れができるタイプ」と説明した。  99年にレッドソックスにドラフト1位指名されて以降、メジャー通算237試合に登板し、40勝53敗、防御率5・45の数字を残した。3球団を渡り歩いた今季は、ヤンキース3Aで元阪神・井川と同僚だった。球団は獲得するにあたり、井川に参考意見を聞いたこともある。この日、その井川は阪神球団へ帰国のあいさつに訪れ「先発タイプですかね」と分析していたという。  フォッサムは「井川投手と話をしたり練習している時から、日本で投げてみたい気持ちがあった。大学の先輩のトレイ・ムーア氏(元阪神)からも多くのことを聞いた。先発、リリーフとも経験しているので、キャンプで監督に適性を見て決めていただきたい」と抱負を語った。  

メッセンジャー!!契約合意

 投稿者:ドーハキャスター93  投稿日:2009年12月10日(木)20時44分1秒
  阪神は10日、新外国人ランディ・メッセンジャー投手(28)=198センチ、119キロ、右投げ右打ち=を年俸60万ドル(約5300万円)の1年契約で獲得したと発表した。

 米大リーグ通算173試合にすべて救援で登板し、防御率4・87。今季はマリナーズで12試合、防御率4・35だった。沼沢球団本部長は獲得に城島の強い推薦があったことを認め「アッチソンに代わる中継ぎで期待している」と話した。

 メッセンジャーは球団を通じて「メジャーでは彼(城島)に受けてもらい、学ばせてもらったことが多くあった。同じチームで再びバッテリーが組めるのも光栄だ」とコメントした。(
 

マット・マートン

 投稿者:淡路野球おっさん  投稿日:2009年12月 8日(火)21時17分41秒
  大リーグ、ロッキーズは7日、マット・マートン外野手(28)の阪神入りを発表した。

 マートンは今季、傘下マイナーの3Aでは97試合に出場して打率3割2分4厘、12本塁打、79打点で29試合連続安打を記録した。大リーグでは今季29試合出場で打率2割5分、1本塁打、6打点。
 

Vへのメッセンジャー獲得へ

 投稿者:ドーハキャスター93  投稿日:2009年12月 7日(月)13時32分56秒
  中継ぎ補強として、ランディ・メッセンジャー投手(28=マリナーズ)の獲得を目指していることが6日、分かった。今季限りでアッチソンが退団し、右のセットアッパーを探していた。現在は自由契約の立場で交渉を進めており、順調に行けば、今週中にも合意に達する見込みだ。

 球団は、パワーピッチャーを中継ぎ右腕の条件に挙げていた。メッセンジャーは2メートル近い長身から力強いストレートを投げ下ろす。メジャー通算5年間で173試合に登板。主にリリーフの役割を果たした。ここ2年は出場機会が減ったが、06年からの2年間は60試合前後とフル稼働した実績がある。

 大物捕手の“お墨付き”も期待を膨らませる要因だ。マリナーズでは阪神に加わった城島とバッテリーを組んでいた。最有力候補に絞った後、城島にも参考意見を聞き、日本で成功する可能性がある素材という評価を得た。過去にもアッチソンの活躍を予想した経験がある。自らが投球を受けていたのは何よりも大きい。

 来季はV奪還が大きなテーマとなる重要なシーズン。城島の加入により、打力の向上は間違いなく、投手陣の整備に力を注ぐ方向だ。特にウィリアムスも退団したことで、ブルペンは手薄になっていた。いかに先発から藤川につなぐかが鍵を握る。そんな使命を担う存在として、間もなくメッセンジャーが猛虎の一員となる。
 

城島獲得

 投稿者:ドーハキャスター93  投稿日:2009年10月28日(水)20時15分25秒
   阪神は27日、城島健司捕手(33)との第2回獲得交渉に“抑えの切り札”として星野仙一SD(62)を投入した。事前に城島の師匠である王貞治・ソフトバンク球団会長に丁重に“仁義”を切って登板した星野SDは「お前のエネルギーが必要だ」と熱く迫り、城島の快答を得た。虎がロケットスタートを切った城島獲得戦は、初回交渉から真弓監督が出馬し、最後は闘将が締め、7日間で阪神・城島を誕生させた。

  ◇  ◇

 熱い男同士が、会うなり野球の話を始めた。白熱の35分間。初回交渉に臨んだ真弓監督からのバトンを受け、星野SDが城島争奪戦を締めるべく福岡に乗り込んだ。

 「ナイスガイだね。彼が、本当に熱い男がチームに加わればまた盛り上がる。熱い甲子園にも負けない、熱い男だ」

 ついに城島から快答を引き出し、星野SDはホッとしたように、静かに交渉を振り返った。

 「私の(監督)2年目に金本が入ってチームがずいぶん変わったけど、彼(城島)の加入でより一層、変わってくるという願いがある。本当に野球を愛してる男だ」

 口説き文句を問われると照れた。「口説かなくても顔みれば分かり合えるよ。(03年)日本シリーズでもずいぶんとやられた。キャッチャーとしても野球人としても認めているしね」

 ただ、城島本人が「お前のエネルギーが必要だ。打って、守って、走る以外でもグラウンドで大いにエネルギーを出してくれ、と言われました」と明かしたように、交渉の席ではかなり熱く迫った。同席した南球団社長も「うちの抑えの切り札を投入しましたからね。力があった。剛球?藤川ばりやったね(笑)」と振り返った。

 城島にはソフトバンク・王会長との深い絆がある。だが、星野SDは王会長に丁重に頭を下げたうえで、交渉に臨んだことも明かした。

 「王さんには理解を求める連絡をしてます。数日前にタイガースは(獲得に)参戦しますと伝え、失礼のないように。大監督だし、我々の大先輩。我々もONに育てられた世代。きちっと対応はしてます」

 城島を迷いなくタテジマに迎える道を作り、虎が大補強に成功した。
 

レンタル掲示板
/18