teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


新しい掲示板!

 投稿者:浦島ようこ  投稿日:2011年 7月11日(月)23時24分4秒
  ご無沙汰しています。
四日市在住のようこです。

あまりにひどい管理人としての任務放棄状態でして、自分でもあきれております。

考えた末、管理人を、まっとうなきょうさんにお願いしようと思いました。
しかし、どうしても、この掲示板のままだときょうさんに手渡す事ができないことがわかりました。(私の管理している他の掲示板があるので・・・)

きょうさんと相談した結果、新しく掲示板を作り直し、そこに移動したらどうだろうと言うことになりました。

新しい66期の掲示板です!
    新66期掲示板

よろしくお願いしま~す。
 
 

皆さん、ありがとうございます。

 投稿者:パコ  投稿日:2011年 7月 8日(金)23時42分13秒
編集済
  「揺りかご」は踊りR角が「やはり甘い」・・との次女意見で片すみへ。製作者の心境は全く翻弄された「揺すられ・かご」。ロッキング・チェアーのR1540ミリを参考に、再度挑戦。  

パコじィ、おめでとう!

 投稿者:OZ-kun  投稿日:2011年 7月 7日(木)23時29分8秒
   ……、メロメロだろうね。きっと。

いいな~。OZ-kunも、もうひとりはGrandchild欲しいところ…。
初孫抱っこが10年前その2年後もう一人。そのあとが、まだまだ。
10年前より、こちらの体力が落ち気味…。抱っこのできるうちに、
我が子供たちよ!”授かりもの! プレゼントしてほしいな~。

”時々は お客様の赤ちゃんを 抱かせて貰い トレーニング”
                                    詠み人 OZ-jii
 

そうか

 投稿者:ぶーちゃん  投稿日:2011年 7月 7日(木)09時51分9秒
  授かりものって言葉があったね、
    いずこより来たりしものぞ・・だね。
パコじいじはゆりかご作った!んだね、実力~すごい。写真のアップがなかったけど。じいじ手製のゆりかごに揺られるまごっこはそうはいません、ん~ハイクの題材にもってこいだけど~見ないことにはうそになるからね~、またアップしてください~!☆氏はほんとうにどうしてそんなに車が好きなのか!?趣味というには、ひょっとしてこちらが本職かと思えるような。しかししかし・・すごすぎてお見事、☆奥様の寛大さにも脱帽・・。
 私はこのところまたまたナンプレ熱が復活し超難問シリーズをしすぎて腱鞘炎っぽい。6Bなんていう超柔らか鉛筆を使っているのにね。相棒はあきれてもう何にもいいません、☆奥様の心境か?一度ナンプレ雑誌を買って全問解いて出したのに(ふふふ、懸賞品目当て)、全問正解だったのに何にも当たらず家族からブーイングと失笑。以来なんだか醒めてた熱が復活してしまい困ったものです、こうなるともうハイクどころではありません。200問のうち180くらいは終わったのでとにかくこれを終わらせないと・・。関西弁ではこんなヤツをアホと言います、あの独特のニュアンスでね。
 

未来を照らす光。

 投稿者:きょう  投稿日:2011年 7月 1日(金)09時00分31秒
  昔から言う「授かり物」なんだね。
パコに各地からメッセージが届いてるよ。
メールとブログのコメント欄、確認してね。

遠くまで行く秋風と 少し行く
私も好きです。
でも、奥が深いね、哲学的だね。
なんだか人生のような、地球の歴史上の一人のちっぽけな私のような、、、そんな自分を感じてしまいます。
先生の句は普通の話し言葉で柔らかく詠まれてるけど、ふと考え込んでしまう。
戦争のこととかね。

ケムシは這った跡にかぶれが出るとか。
蛾も、要注意だね。
団地の草取りの時など、みんな、暑くても長袖長ズボン。
それでも、運が悪い場合は襟足などから入ってきて、大騒ぎになるよ。
今のところ、私は免れてるけど。
小さい頃は、結構、林や藪に入り込んで遊んだけど、そんなこと無かったような。

http://66ki8kumi.web.fc2.com/

 

あらら

 投稿者:ぶーちゃん  投稿日:2011年 6月30日(木)14時44分3秒
   今お隣組に行ってきました、パコがじい様に・・!おめでとうございます!スペイン語では出産のことを”光を授与する”と言うのですか、日本語でもそう言ってくれたらいいのにね。そしてじい様ばあ様はのみ過ぎに要注意。ハハハ「ほっといてくれ」ですよね、では思いっきり飲んじゃえ飲んじゃえ。
 ☆くんはよくもまあいくら車命とはいえ・・ごくろうさまで~す!
 

ははは

 投稿者:ぶーちゃん  投稿日:2011年 6月30日(木)14時33分23秒
   Ozu君のは・・なんと言えばいいんでしょうねえ~、やっぱりOzu君にはハイクよりマイクの方が絶対に似合うとおもいま~す。
 矢島先生の6月19日分、観ようとしたら既に相棒が消去してありました。ついでに、きょうさんの文を読んでもう一度26日のを観てみようとしたらもはや消去されていました・・。なんせこういう作業が相棒は、は・や・い、のです。26日の矢島先生の句をテキストから写しますね。

           秋さやさや天平の針包む紙
           遠くまで行く秋風と少し行く

 テレビでは、”秋さやさや”、の方は正倉院展を見に行ったときたまたまアフガン戦争の始まった時期で、何か感銘があったと言われていました。”遠くまで”の方はお客を送りに行ったとき秋風と共に歩いているような感じがあって・・とのこと。ひょっとしたら記憶違いがあるかもしれません、ごめんなさい。
 私は”遠くまで”の句の方が好きかな。秋風は遠く遠く遠く吹いていってしまう、その秋風とちょっとだけ一緒に歩いた・・そんな感じがいいなあ。

 先週夕方バラを切ったり庭いじりをしていてケムシ(多分)にやられました、すぐ皮膚科に飛んでいったのですがどういうことか手首の静脈が腫れてまるでヘビに咬まれたみたい。ちょっと苦しみました・・まったく長袖を着なかった罰ですよね。朝相棒がバラの消毒をしたのでその薬液が入ったか、やっぱりケムシか・・。油断大敵。そうそう、もう6月も今日で終わり、なんちゅうこっちゃ明日はもう7月、う~む暑い7月になりそうだね。

           負ぶはれて父の背中の夕立かな
                            おそまつさん
           
 

あらら、

 投稿者:きょう  投稿日:2011年 6月26日(日)17時50分53秒
  うまく出来てしまって、さすがOZ-kun。
共作、競作、狂作、kyou-saku、川柳? 狂句? なんなんだろう、、、評価はぶーちゃんに任せて。
ぶーちゃんは、矢島先生を見られたかな?

かの選者は、国旗国歌制定の時の大臣でもあったんですね。
今、西の方でも問題になってますが、息子の小学校入学式から高校卒業式まで、この2点に関してはいろんな事があって、12年間悩ましいことばかりでした。
式の当日ラジカセで国歌が流れても誰も歌ってなかったり、式に使う国旗が見つからなかったり、父母席で一人だけ高らかに国歌を歌ってたり、笑っちゃうようなことが沢山ありましたねえ。
それでもその頃は、校長の力はそんなに強くなくて、現場の教師は、自分の考えで反対を言ったり行動したり、出来ていました。
私も、担任を支持すると、中学高校生になった息子に言えました。
息子達は、混乱を見ながら良い勉強をしてきたと思います。
あれから8年、今はどうなんでしょう、これからどうなっていくんでしょう。
一律であるというのは、統一が取れているというのは、この件に関しては困ったことだと思ってます、私は。
 

kyou-sanのタイトルに・・・

 投稿者:OZ-kun  投稿日:2011年 6月26日(日)15時16分34秒
   本文の”・・・・と”をつなげて、一句。
ゲタゲタと 雀が一羽 ベランダで こういう事もあり?
盗作?倒錯? う~ん情景がハッキリと出てますね。
之はkyou-saku? 共作というのか・・・。
 このところの暑さに冒され気味のOz-kunでした。
また誰かさんに叱られそうな投稿。・・・ま、いっか。
 

雀が一羽、ベランダで、

 投稿者:きょう  投稿日:2011年 6月21日(火)14時20分28秒
  朝からずっと、今も、ゲタゲタと騒がしく鳴き続けています。
どうも、他の子達は巣立ったけれど一羽だけ、パコの家の居心地が良いのか、出てこないようです。
家の中で、外の雀の鳴き声に答えるようにピーピーと声がします。
外にいるのは親らしく、虫をくわえたまま、けたたましく声をあげて、巣の周りを移動しています。
エサの虫はくわえたままで、巣に近づかず、食べさせようとしません。
エサで釣ろうとしているように見えます。

そろそろ母の面会に出掛けなければ、この結末を見届けられず、残念。
 

アイタタ・・

 投稿者:ぶーちゃん  投稿日:2011年 6月21日(火)14時17分42秒
  一昨日の予約すっかり忘れました、明日の再放送をメモメモです。
暗い歴史のことを自分の言葉で俳句にできる矢島先生・・俳句の題材としては難しく初心者には手が出ません。
有馬朗人ってそういう学者さんなの?経歴殆ど知りませんでしたよ。お父さんを早く亡くして苦労されたようなことを聞いたことがあるような・・。スクラップした中を探しましたがみつかりません、記憶違いかも。
一昨日は友達と久しぶりに出かけました、朝早くから倉敷へ・・。4人のうちの一人がこの2月に主人をなくしました、やっと元気が出てきたかな。20年ほど前にこのメンバー+3人で倉敷に行ったことがありました、その時ご飯食べた店を探したりお互いの記憶をたどったり・・。知り合ってからほぼ30年・・経ってこうして付き合っていられることも幸せの一つだなあと思った一日でした。
 

昨日は、

 投稿者:きょう  投稿日:2011年 6月20日(月)22時33分39秒
  黒塗りの 昭和史があり 鉦叩(かねたたき)
戦争が始まる 野菊たちの前

終戦で教科書を黒く塗りつぶした世代で、カネタタキは死者を弔う意味があるそうです。
戦争は、アメリカのアフガニスタン侵攻だそうです。
 

飛ばしたよ~

 投稿者:OZ-kun  投稿日:2011年 6月19日(日)00時43分30秒
   12,3分すぎ位から、矢島先生出てきましたよ。直接教わること
なかったので、口調は判りませんが。薫さん~渚男さんなんですね。
   梟の 目玉見にゆく 星の中
   六月の 太平洋と 早起きす
 解説伺ってると”フム、フム・・”なるほど!と思うのですが。
やっぱり、Oz-kunには難しいのかな?
 でも人一倍に感動しやすく、その上単純な思考のOz-kunなら、素直
な心で何か表現することが出来るかな?
 心に感じた事を、”アドリブ”で即興出しすればいいんだよネ?










 

飛ばしましょう。

 投稿者:きょう  投稿日:2011年 6月18日(土)20時06分47秒
  録画の良いところです、気に入らない部分はすっ飛ばして、矢島先生がお話ししているところに行ってください。
番組の中程でしたよ。
そうそうあんな話し方をされる先生だったなあ、なんて思って、懐かしんでます。
 

チラッと見ただけで、

 投稿者:OZ-kun  投稿日:2011年 6月18日(土)15時20分26秒
   Buh-chan,Kyou-sanの話題に乗っかって、例の”俳句”録画して見始めて
5分?出演者での期待が外れ中止でした。撰者”有馬朗人”に拒否反応。
今日本の直面している原発問題。にも拘らず、その原発を今なお推進して
いる”御用学者”が何故この番組に出て、偉そうに・・・が耐えられない。
そもそも、国営放送がこの時期、この撰者を選ぶこと自体が理解できず。
 お目当ての、矢島先生が出てこないのが残念。今のマスコミ、しっかり
してほしい。
 Buh-chan.Kyou-san、ごめんな!折角面白そうな話題に乗っかれそうに
なったのに、やはりOz-kun”君にはチョイ無理かも”という天の声なのか?
 

・・・セットしました。

 投稿者:OZ-kun  投稿日:2011年 6月12日(日)00時13分7秒
   ・・・、思わずOz-kunまで何か興味?を覚えました。

 ところで、この間の”ご報告”の中で訂正をさせていただく箇所
二つあります。 Oku-chamaに”物事は正確に”・・・と、またまた
厳しい指摘を受けましたので。
  ① Oku-chama小田和正氏の熱狂的な大ファンではないそうです。
    極、普通です。それほど、はしゃいではいませんでした。
    ・・・?やっぱ、Ozu-kunの大ファンなのかな?そうか・・
  ② 長野オリンピックスタジオ?なんてありません。単純ミス。
    スタジオでなく、スタジアムです。固有名詞でいうと・・・
    ”長野ビッグハット”でした。
 つまらない内容の投稿でごめん。①で又余計なこと書いたようで。
 では、気分転換して、新しい分野に挑戦。
 

まだ、チャンスが!

 投稿者:きょう  投稿日:2011年 6月10日(金)18時44分0秒
  日曜の朝6時35分からね。
早起き出来そうもないから、私も予約しなくては。
 

6月号の

 投稿者:ぶーちゃん  投稿日:2011年 6月10日(金)13時34分40秒
  テキスト購入、ハイハイ懐かしい矢島先生が載っていました、今月はあと3回登場されます、今から録画予約しておかないと・・。  

まあ・・

 投稿者:ぶーちゃん  投稿日:2011年 6月 9日(木)11時34分0秒
  NHKの俳句、たまに観るのにね、へえ~矢島先生が!超残念、テキストに載ってるかなあ、今日本屋さんに行ってみる、ほんとに残念。
昨日は我が家から車で30分くらいにある三木山森自然公園という所に行っていました。その名の通り森付きの自然公園~です。川に池、森の中を縫う道・・もちろん人間の手が入って管理されているのですがだだっぴろ~さが大好きで。そろそろ菖蒲が咲いているかなと行ってみたのですがここのはノショウブというのかな、いわゆる菖蒲園ではなくて川の中州とか池の縁にぽつぽつと咲いているんです。スイレンも盛りでシオカラトンボがたくさん、ムクドリやら名前のわからない野鳥もた~くさん。森の中もてくてく歩いてマイナスイオンを浴びて帰ってきました。帰宅したらヒヨドリが大騒ぎ。我が家の庭のヤマボウシにヒヨドリの巣があったんですが幼鳥が巣立って隣のエゴノキに飛び移っていたのです。多分子育て初めての若いヒヨドリのパパママだよね、心配でたまらない風で。まあ暗くなるまでチーチーばたばたと楽しませてくれました。
 Ozuくんがそんなに有名人だったとは・・。なんで知らなかったんだろう~、悔しい。一緒にデュエットしたという方々もただものではありません。超懐かしいグループ名、おだやかな旋律がよみがえります。なかなかフツウは経験できない青春を過ごしたOzuくん、口惜しさも楽しさも宝物ですね。
 

You'll know who I am, by the...

 投稿者:OZ-kun  投稿日:2011年 6月 9日(木)01時18分40秒
  "Today"というとてもメロディのきれいなウォルツ。素晴らしいハモニー。
new christy minstrels のオリジナルの名曲です。大好きな曲。何回歌った
でしょうか、’68年の8月の合宿でレパートリーに入れてから、’70年
5月まで。詩の中に"You'll know who I am, by the song that I sing"
があるんです。その通り、この曲イコール昔のOz-kunだったのです。
 解散コンサートではshimajirou-kunのご指摘の通り、良子ちゃんとデュエット
させてもらった想い出深い大切な曲なのです。
 それが、去年の12月・・クリスマスなんとやらで、小田和正氏なる方の番組で、
若い連中とこの曲をコーラスしてるところを、見ざるを得なかった。
 うちのOku-chamaは、小田氏の熱狂的な大ファンなのです。娘もなんですね。
この間も、長野で今年の震災後のツアーの初日が長野のオリンピックスタジオ
であったのですがもう、大はしゃぎでした。
 しかし、この曲自分が歌うことは当たり前で、new christyで耳がなじんでいる曲が、
他人が歌うと違和感を・・・。そうなんです。Oz-kunは彼のファンではないのです。
ライバルなのです。彼がそうは思ってないのは当然ですが。
 話せば長くなるのでしませんが、41年前、Oz-kunのバンドがレギュラーしていた
番組に彼ら二人が後から来たことで、押し出されてしまったのです。以来・・・。
・・・という、寂しい悲しい出来事があったのです。まるで走馬灯のように想い出されます。
Oku-chamaの言うのには、”嫉妬しているんだわ”あの高音に、あの曲・・、あの才能に。
と ズバリ! 指摘され反論できません。 そうなんです。おっしゃる通りでございます。
 Shimajirou-kunが写真以外YOUTUBEまでご丁寧に乗っけてくれたお陰で、あの悲しい
出来事を想い出してしまった次第です。また、愚痴ってしまった。
 でも、彼らが二人でオフコース、まだ全然売れてない頃、前にも書いたかな?
kyou-sanの八王子大丸の屋上とか、新宿ルイードとか、渋谷ジャンジャンとか・・・
いろんなコンサートで”使ってあげた”記憶もよみがえるのでした。
”エラそうに!・・・それがどうした?”っていう話です。ごめんなさい。
 でも、この"Today"どう見ても日本では一番多く歌ってる気がする。
 今、ふと思い出した事があります。new christy が日本に来た時、楽屋で彼らの前で
彼らと一緒に之を歌ったんだ。その時ソロリードをしてたのが、Joe Travis という人。
後、彼のまねをしたんだ・・・。大学二年の春、19歳の時でした。
 最近の事はすぐ忘れるけど、とんでもない昔のことを覚えてるのは、…怪しい現象。要注意。

 
 

Ozくん、サイコー!

 投稿者:しまじろう  投稿日:2011年 6月 8日(水)23時24分34秒
  先週のOzバンド公演、写真アップ遅くなってごめん。
2枚目の左下方に旧6組Nくんの、ちょっとお見せしづらい後頭部があったので
環境との調和の観点からトリミングでカットしました。許されよ、Nくん。
最後のURLはOzくんがこの日、自信満々で披露した
その昔、森山良子ちゃんとデュエットした「today」のYouTubeです。

http://www.youtube.com/results?search_query=new+christy+minstrels+today&aq=3&oq=new+chr

 

いいなあ~

 投稿者:きょう  投稿日:2011年 6月 8日(水)18時13分33秒
  その場に居たかったね。
餃子とコーヒーと歌、いつか体験しに行きます。

話題を戻しちゃうけど、ごめんなさいね。
母の面会、最近は行っても「ああ、あんたね。」とばかり、すぐまた目を閉じてしまうので、しばらくテレビをつけて一人で見ているのですが。
今日も3時過ぎいつもの様にテレビをつけて、なんとなく見ていたら、
「では、やじまなぎさおさんに・・・」
えーーーっ
なぜか、教育テレビの「NHK俳句」の再放送を見てました。
矢島先生が、ご自分の俳句2句をあげて解説されてます。
慌てて、メモメモ。

すき紙の ほの暗き水 かさねたり
熊笹に 濁流のあと いわし雲

でした。
詳しくはテキストに、って番組の最後でアナウンサーが言ってました。
載ってるかな?
 

すてきですね

 投稿者:ぶーちゃん  投稿日:2011年 6月 6日(月)23時09分22秒
   何事につけ”もうこの辺でいいか”的なことが日常化しているこの頃です、Ozu君の”挑戦”はとてもすてきですよね。ドラゴンさんの言うとおり「還暦過ぎがなんだ!」、Ozuくん、よくぞやってくれました。ドラゴンさんのわくわくした感激が伝わってきて私もニカニカしちゃいました。  

追伸

 投稿者:OZ-kun  投稿日:2011年 6月 6日(月)14時48分41秒
   dragonがご自分の工房mymyの中で、早々upしてくれました。感謝感謝です。
兎に角oz-kun、そういうことをしない・・・というか、出来ないというか・・・。
持つべきは友ですね。幸せです。でもチョット、照れくさいかな。音は出ません。
悪しからず。聞きたい方、歌いたい方は”わおん”へどうぞ。
 

一応、ご報告します。

 投稿者:OZ-kun  投稿日:2011年 6月 6日(月)01時30分8秒
   滅茶苦茶楽しかった一日を過ごしました。飲むも飲んだり、翌日1時すぎまで。
一緒にやった!メンバーは一人は大学時代のメンバー。もう一人は彼の後輩。
初対面。横浜のほうで二人で最近始めたらしい。たまたま、音楽村での合宿が縁で
今回お声がかかったわけですが、生憎昔からの8人のメンバーが都合付かずOz-kun
は折角ですが、お話お断りしました・・・。それが、横浜の彼が当たり前にもう勝手
に出るつもりになり、地元バンドが条件でしたから、Oz-kun一人上田人、成り行きで
出演に。しかし、二人三人ですることはなかったわけで、彼らのレパートリーに限定
されたわけで、またベースがどうしても欲しいというわけで、人前でベースを弾きなが
ら歌うなんて経験のないOz-kun、悩んだ末・・・、楽しいかもしれない!という軽い
ノリで、出演OKをしてしまい、ならば練習、練習。個人レッスンをして、この間の新橋
でのトップギャランのコンサートの後夜、横浜の自宅に音合わせに行き、3時間ほど?
一応の音出しをしてぶっつけ本番となりました。楽しかった。暑かった、酒がうまかった
。Dragonご夫妻はじめOz-kunの平均年齢60歳の親衛隊の方々、加えてshimajirou
までが冷やかし半分で見に来てくれました。聞きに来たのではありません。見世物になり
ました。ありがとう。台風のあと陽気よくなり、暑くなりアリが10匹ほど出ていました。

 今もう眠い、お休みなさい。
 

ワイルドワンズもまっつ青!?・・てか

 投稿者:ドラゴン  投稿日:2011年 6月 5日(日)15時19分29秒
   昨日の6月4日、上田市丸子にある信州国際音楽村で、OZ-kunが出場した
ワイルドワンズと中村あゆみのコンサートがありました。
大震災復興のための支援のイベントとして“信州ルネサンス”というタイトルで
おこなわれたものです。
 ご本人のOZ-kunは書きづらいことでしょうから小生が自分のブログにその
演奏の写真を入れて述べました。詳しく見たい方はそれをごらんくださいな。
(工房mymyのホームページ“アートな山暮らし”)
 そして何を述べたかったかというと、そのOZ-kun達3人のバンドの
すばらしかったことをです。その場にいなかった人はきっと一生後悔するくらいに、
また還暦過ぎがなんだ!・・・というくらい感動したことと思います。
その後のお待ちかねのワイルドワンズもとても楽しかったし、
なつかしかったですよ。
 それにしてもOZ-kun達のステージは本当にすてきな演奏と歌声でしたよ。
・・・先日のKuro達のコンサートに続き、またしても音楽のすばらしさ、
アンサンブルの美しさ、その時代の魂の清らかさ?を感じてしまった
すてきな時間と空間でした。
 OZ-kunありがとう、そしてまたぜひやって!
 

た~くさん!

 投稿者:ぶーちゃん  投稿日:2011年 6月 3日(金)09時43分49秒
  渚男さんの句がこんなにたくさん載っていたの!たのし~く読んだよ、ありがとう~。
酒屋さんのブログもね、ふ~ん、この平孝酒造の五代目にして、え~っときょうさんのお母さんの・・待ってね、もう一度きょうさんの文章に戻らないと・・お母さんのいとこさんのお孫さん!りりしくて色白、うん、きょうさんにどこか似ているかも!よくも助かったお酒だよね、日本酒党の方々に愛されるように!
 

子規うさぎ虚子いぬ年や年巡る

 投稿者:きょう  投稿日:2011年 6月 2日(木)08時42分58秒
  ぶーちゃんが以前紹介してくれた清水哲男「増殖する俳句歳時記」でも、沢山取り上げられてるんだね。
上の句、おもしろいなあと思ったので私の記憶にあるんだけど、清水さんの解説も記憶にあるんだけど、倫社の矢島先生とは全く思いもせず。
もちろん、「わが心の母のうた」でも気がつかず。
掲載された矢島先生の句
倫社の夏休みの宿題 読書感想文 ありましたねえ~ 思い出に残る宿題でした

新聞記事については、ここを見つけたよ。
尼崎の酒屋さんのブログ
記事もはっきり読めるから、私はアップしないでおきます。
 

そうなの

 投稿者:ぶーちゃん  投稿日:2011年 6月 1日(水)21時54分57秒
   あの句を読んでも矢島先生だとはまったく気がつきませんでした!
 生徒の面倒見の良い先生だったんだね、そのビールの味は一生モノだよね。
トニオ・クレーゲル・・ね。私の場合の思い出は『罪と罰』です。倫理社会の授業の宿題に読書感想文の提出がありました。真面目な生徒でしたから(!)真面目に読みました。今でもサンクトペテルブルグと聞くとなんとなく暗い歩道を思ってしまうのはその影響かもね。考えてみると『トニオ・クレーゲル』や『罪と罰』、今の高校生は読むかしらね・・。
 

流星やいのちはいのち生みつづけ

 投稿者:しまじろう@office  投稿日:2011年 6月 1日(水)15時43分59秒
  ぶーちゃんにも買っていただいた『わが心の母のうた』の其の二四に
矢島渚男(カオルちゃん!)の俳句(↑)があるんだよ。
千曲川河畔の自宅で浪人していたころ、「うちに遊びに来い」と誘っていただき
丸子のおうちで生まれて初めてのビールをご馳走になり
帰り際には当時全巻そろっているという岩波文庫の中から『トニオ・クレーゲル』を借り
受験勉強の合間に読みふけったはいいが、返したのはなんと十数年の後。
上田を巣立つ前の日々の甘く酸っぱく苦い思い出を象徴する私の先生でした。
 

レンタル掲示板
/42